55687円 HYPERPRO:ハイパープロ 【正規品】HYPERPRO ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート CB400SF/SB 14-16(ABS車含む) カスタム パーツ 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ サスペンション リアショック HYPERPRO:ハイパープロ 正規品 HYPERPRO ふるさと割 ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート ABS車含む パーツ 14-16 CB400SF カスタム SB 55687円 HYPERPRO:ハイパープロ 【正規品】HYPERPRO ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート CB400SF/SB 14-16(ABS車含む) カスタム パーツ 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ サスペンション リアショック HYPERPRO:ハイパープロ 正規品 HYPERPRO ふるさと割 ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート ABS車含む パーツ 14-16 CB400SF カスタム SB コンスタントライジングレート,エマルジョン,ryuiki-wako.jp,CB400SF/SB,T360,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , サスペンション , リアショック,パーツ,カスタム,14-16(ABS車含む),HYPERPRO:ハイパープロ,ツインショック,55687円,/griffe847886.html,ハイパープロ,【正規品】HYPERPRO コンスタントライジングレート,エマルジョン,ryuiki-wako.jp,CB400SF/SB,T360,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , サスペンション , リアショック,パーツ,カスタム,14-16(ABS車含む),HYPERPRO:ハイパープロ,ツインショック,55687円,/griffe847886.html,ハイパープロ,【正規品】HYPERPRO

HYPERPRO:ハイパープロ 売り込み 正規品 HYPERPRO ふるさと割 ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート ABS車含む パーツ 14-16 CB400SF カスタム SB

HYPERPRO:ハイパープロ 【正規品】HYPERPRO ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート CB400SF/SB 14-16(ABS車含む) カスタム パーツ

55687円

HYPERPRO:ハイパープロ 【正規品】HYPERPRO ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート CB400SF/SB 14-16(ABS車含む) カスタム パーツ






●メーカー名:HYPERPRO:ハイパープロ
●商品名:ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート
●適合車種:CB400SF/SB 14-16(ABS車含む)
●メーカー品番:33310052
●JANコード:4538792123035

全てのライダーの「走る」「曲がる」「止まる」を思いのままにする究極のリアショック。

ハイパープロ社のパーツを用い、アクティブ専任スタッフの手によって日本独自の仕様に設定している「Japan Spec」リアショック。

「フルシチュエーションサスペンション」をコンセプトとし、日本の様々な路面状況、日本人の体格に対応するリアショックを造り上げました。
ツーリングなどの長時間走行でも疲れにくく、ワインディングをもっと楽しめるように、さらにはセッティング次第でサーキット走行にも対応するほど、幅広いシチュエーションで活躍する調整範囲を持っています。
また、常にハイパフォーマンスな状態で長くお使いいただけるよう、充実したアフターサービスをご用意しています。

【HYPERPRO ツインショックの特徴】
1.HI/LOコンプレッションアジャスター(ピギーバッグタイプのみ)
ダンパー圧縮のスピードを調整するための減衰調整機能。
「LOW(低負荷時)」と「HIGH(高負荷時)」の2項目があり、「LO」は内部のテーパーニードルを調整、「HI」はオイル通路を堰き止めているスプリングの圧を調整することでオイルの流れをコントロールします。

2.リバウンドアジャスター
スプリングが縮んだ後、車体姿勢を復元する減衰力をダイヤルで微調整できます。

3.リザーバータンク(ピギーバッグタイプのみ)
アルミΦ52×90を使用。タンク内にブラダラバーを使用し、摩擦による発熱を抑え、安定化を図っています。

4.アイマウントベアリング
スフェリカルベアリングが本体のフリクションロスを解消し、路面状況をダイレクトに伝達。

5.アルミ削り出しトップボトムケース
ボディはハイパープロオリジナルの削り出し2ピース構造。

6.プリロードアジャスター
無段階調整が可能。※調整工具付き。

7.安全で快適な走行をアシストするメインスプリング
ハイパープロ独自の「コンスタントライジングレート」スプリング※。プリロード調整だけで、レート変更ができる特性により幅広いセッティングが可能。

8.高強度・高精度シム
加工精度をつきつめたステンレスシムを採用することで、高い性能を発揮。

9.高剛性メッキシリンダー
特殊スチール(SM490B)を採用。アルミに比べ熱による膨張を軽減します。
1.スムースなストローク
2.安定した減衰
3.放熱性に優れ、オイルの劣化が遅い
4.ボディの長寿命化

10.Φ16スピンドル
圧縮時のオイル量を5%(Φ14比較)アップさせ、減衰圧LOW側への反応を出しやすくしています。

11.ステンレススライドワッシャー
伸縮時に発生するスプリングのねじれに合わせてスライドし、滑らかな動作をサポート

60.車高調整機能
走行シチュエーションに合わせた調整が可能

※お使いのデバイスによって色が違って見える可能性があります。

HYPERPRO:ハイパープロ 【正規品】HYPERPRO ハイパープロ ツインショック T360 エマルジョン コンスタントライジングレート CB400SF/SB 14-16(ABS車含む) カスタム パーツ

注目の記事

HOT TOPICS

特集記事

カーオーディオリンク

特集記事

もっと見る

特集記事特集をもっと見る

自動車

もっと見る

自動車特集をもっと見る

カーオーディオまとめ記事

もっと見る

カーオーディオまとめ記事特集をもっと見る

デモカー製作記

もっと見る

デモカー製作記特集をもっと見る

最新ニュース一覧

もっと見る
自動車

トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は

トヨタは、『カローラ』の派生SUV『カローラクロス』を発表したばかりだが、ファミリーの頂点ともいえるハイパフォーマンスモデル『GRカローラ』(仮)が開発中との情報を、スクープサイト「Spyder7」がつかんだ。

自動車

【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ

モーターにアシストされた瞬発力ですいっと前に出る。見た目から感じた重量感は微塵もなく、ひょいひょいとした身のこなし。このギャップにまず萌える。

カーオーディオ

高性能なメインユニットだからこそ可能となる“高音質システム”とは? 「外部パワーアンプ」、貴方ならどう使う? Part4 マルチアンプシステム

「外部パワーアンプ」を用いると、愛車のカーオーディオシステムの実力を一層高められる。当特集では、その理由から具体的な活用術までを解説している。今回は、高性能な「メインユニット」を核として構成する「マルチアンプシステム」について説明する。

自動車

メルセデスベンツ『シタン』新型、受注を欧州で開始…2万3024ユーロから

◆メルセデスベンツの小型車ファミリーと同じ表情 ◆「ハイ、メルセデス」と呼びかける音声制御システムは自然言語で作動 ◆商用車の「パネルバン」と乗用ミニバンの「ツアラー」 ◆ツアラーの発売当初のエンジンは3種類

自動車

【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎

一般的にアルピナは、BMWをベースにチューニングを施したクルマとされるが、内容は熟成されている。アルピナの考え方によると、BMWは素材を提供するサプライヤー(下請メーカー)に位置付けられる。アルピナはBMWを仕入れ、手を加えて完成させるわけだ。

自動車

ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定

FCAジャパンは、ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』(Jeep Gladiator)を2021年冬に発表。これに先立ち、特設サイトを公式Webサイト内にオープンした。

カーオーディオ

とある機能を活用すると、超低音が目の前から聴こえてくる!? カーオーディオ『用語解説・2021』 Section 3・サブウーファー編 第6回

カーオーディオでは難解な専門用語が多々使われる。当連載では、その1つ1つを解説してきた。現在は「サブウーファー」にまつわる用語にスポットを当てている。今回は、「サブウーファー」のサウンドセッティングに関連する用語について説明していく。

自動車

【日産 GT-R 2022年モデル】発表!! 究極の走りを追求した「T-スペック」は100台限定

日産自動車は9月14日、『GT-R』2022年モデルと、特別仕様車「GT-R Pプレミアムエディション T-スペック」、「GT-Rトラックエディション エンジニアード by NISMO T-スペック」を発表。10月下旬より販売を開始する。

カーオーディオ

走行中にもナビ画面に映像を映せるようにする方法とは? サウンドユニットの「セッティング法」を大研究! 第1章「メインユニット編」その6

当連載では、カーオーディオ製品の取り付けにまつわるあれこれを紹介しながら、カーオーディオの奥深さ、そして専門店のバリューを明らかにしようと試みている。まずは、カーオーディオシステムの核となる「メインユニット」の設置に関する情報からお伝えしている。

自動車

【トヨタ カローラクロス】モデリスタ、カスタマイズパーツのテーマは「大胆だが繊細」

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、新型車トヨタ『カローラクロス』の発売に伴い、モデリスタブランドのカスタマイズパーツをラインアップし、9月14日より全国のトヨタ車両販売店を通じて販売を開始した。

自動車

【VW T-Roc 新型試乗】かわいいのに吸い付くような走り、ギャップに萌え萌えである…岩貞るみこ

まっすぐ走っているときは、中央部分が少しゆるい感じがするものの、コーナーの先へと舵をきると、狙ったように行きたい走行ラインへと吸い付くように向かっていく。このギャップに萌え萌えである。

カーオーディオ

三菱 デリカD:5にオーディオインストール!car audio newcomer!(オーナー:大内善徳さん) by  SOUND WAVE 前編

ファミリーでの利用を考えてデリカD:5の購入を決めた大内さん。しかしオーディオ好きだったオーナーは純正オーディオの音に疑問を持っていた。そこで以前イベントで製作車両を試聴して好印象を持っていた茨城県のSOUND WAVEでシステムアップの相談を始めた。

自動車

【トヨタ カローラクロス 発売】シリーズ初のSUV、価格は199万9000円から

トヨタ自動車は、シリーズ初のSUVとなる新型車『カローラクロス』を9月14日より発売した。価格は199万9000円から319万9000円。サブスクリプションサービス「KINTO」でも、Sグレード(ハイブリッド車・2WD)の場合、月額2万7390円から利用できる。

カーオーディオ

「初めてのスピーカー」、狙うべき価格帯は? システムアップのための、カーオーディオユニット“AtoZ”! lesson 01「スピーカー編」その6

クルマの中で“良い音”を楽しみたいと考えている方々に向けて、システムアップに役立つ情報をガイドしている当連載。まずはスピーカーをテーマにお贈りしている。今回は、「初めてのスピーカー」として狙うべき価格帯について解説していく。

自動車

ランボルギーニ『カウンタック』、814馬力ハイブリッドで復活…ミラノデザインウィーク2021

◆スーパーキャパシタに電気エネルギーを蓄電 ◆プッシュロッド式サスペンション ◆独特の「カウンタックフェイス」 ◆オリジナルのスタイルを受け継ぐインテリア

カーオーディオ

ドアをスピーカーに作り替える!? プロショップで実行する「スピーカー交換」、その手順とコツと利点を完全伝授! Part4「デッドニング」

「スピーカー交換」に興味を持つドライバー諸氏に向けて、それを「プロショップ」で行う場合の流れと利点を紹介している当特集。今回は、「デッドニング」をテーマに、これが何で、プロはこれをどのように行っているのかを解説していく。

自動車

アウディ A6 次期型、ツインモーターは476馬力…ミラノデザインウィーク2021

◆1回の充電での航続は700km以上 ◆ボディサイズは現行A6とほぼ同じ ◆バーチャルエクステリアミラーを装着

カーオーディオ

“チューニング”を楽しむためのキーポイント!「周波数」について解説!「サウンドチューニング」実践講座 Part2 イコライザー編 その2

カーオーディオメインユニットに搭載されている「サウンドチューニング機能」。当連載では、これを使いこなす楽しさを紹介している。前回からは「イコライザー」編に突入し、まずはこれが何なのかを説明した。それに引き続いて今回は、「周波数」について解説する。

自動車

【プジョー 208 新型試乗】その奥深さに購買意欲を刺激される…渡辺陽一郎

コンパクトカーは、優れた走行安定性を確保しながら価格は割安に抑える必要があるため、乗り心地が悪化しやすい。路上の段差を乗り越えた時の突き上げ感は抑えても、細かなデコボコを乗員に伝えやすい。

カーオーディオ

意外に手軽!? 音を良くする強力パーツ「アンプ」の導入法をプロに訊いてみた! カーオーディオ・ユニットの“取り付け”にまつわる疑問を、すべて解決! Part10

カーオーディオシステムのアップグレードに興味を抱きつつも、取り付け作業にどれくらいの費用がかかるのかが分かりづらく、結果、システムアップを見送ってきたというドライバーは少なからずいるようだ。当特集では、そこのところをクリアにすべく展開している。

もっと見る

page top