地域・流域プログラムのご紹介
トップページ > 地域・流域プログラムのご紹介

地域・流域プログラムとは(詳しくは『学修の手びき』をよく読むか、地域・流域共生センターにお問い合わせ下さい)

 地域・流域プログラムは、本プロジェクトの柱ともいえる、学部横断型のカリキュラムです。主として理論講義科目と実践型講義科目で構成され、川崎市岡上地域を中心として鶴見川流域に広がる豊かな自然環境と社会にふれながら、環境に関わる学問を体系的に学び、都市型環境保全の理論とスキルを身につけます。私たちが目指すのは、足もとの自然をみつめ、地域の人々とつながりあいながら、人と自然、社会と自然の共生を実現する力を養うこと。さらに、環境保全に限らず、職場や地域社会において、自らの頭と体を使い、ものごとを積極的に実践していく能力を身につけてもらうことです。

 こうした講義では、これまでにも川崎市緑政課との協力によってキャンパス内保全緑地(川崎市指定)管理計画書が学生の手で作成されたり、 学生が絶滅危惧種である「ホトケドジョウ」を発見するなどの成果を得ています。

「流域主義による地域貢献と環境教育」プログラムの構成図

 このプログラムでは地域環境や流域環境についての科目を系統的に履修してもらいます。社会的評価のある環境関連資格取得もこのプログラムに含まれています。この制度は、申請手続きをした上で、所定の科目を履修し、レポートを提出した者に対して、翌年度5月頃(4年生は卒業時)に「プログラム履修証明書」を発行し、「流域環境士」の資格を与えます。

 環境関連の職場へ就職を希望する学生にとって意義があることはもちろん、企業の環境貢献活動が重視されつつある現状にあっては、広く社会的な評価を得られる履修プログラムとなることでしょう。

 このプログラムは地域・流域共生センター〈Centre for Environmental Networking in the Tsurumi River Basin (CENTR) 〉が運営しています。

プログラム申請手続きの流れ

2018年4月頃 「プログラム申請書」および「プログラム履修状況表」を提出
提出先:企画室

2019年2月初旬頃 レポートを提出
提出先:企画室

和光大学の学生は、学部学科を問わず、このプログラムの申請手続きをすることができます。
問い合わせは地域・流域共生センター(G棟3階307室、centr@wako.ac.jp)まで

地域・流域プログラム科目表

単位(修了要件計20単位) 科目名 科目分類 単位
コア科目1
基幹講義科目(4単位以上)
地域流域社会論
地域流域政策論
流域を知る
身体環境共生学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
共通教養科目
2
2
2
コア科目2
理論講義科目(4単位以上)
科学技術の営みと世界観
フィールドで学ぶ足元の自然
生物多様性A・B
里山保全の理論
環境教育論
環境社会学
地域環境共生論
環境とまちづくり
エコツーリズム論
衛生学
生態学
環境思想論
言語表現の現在1・2
環境ビジネス論
共通教養科目
共通教養科目
共通教養科目
共通教養科目
心理教育学科専門科目
現代社会学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
現代人間学部専門科目
現代人間学部専門科目
総合文化学科専門科目
経営学科・経営メディア学科専
2
2
各2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
各2
2
コア科目3
実践型講義科目(6単位以上)
地域デザインA・B
フィールドで学ぶ山村社会※1
里山保全の実際
フィールドワーク(地域環境1)
フィールドワーク(地域環境2)
自然保護活動
インターンシップ※2
共通教養科目
共通教養科目
共通教養科目
身体環境共生学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
身体環境共生学科専門科目
現代人間学部専門科目
各2
前2・後3
2
2
4
2
4
地域・流域の保全ボランティア活動※3、あるいはセンター主催の資格講習会を受講※4をするなど、一定の条件を満たせば上記科目と4単位まで代替可能。代替単位数は活動時間、受講時間による。   4まで
自由選択科目(6単位以上) 上記科目を含む全学の開講科目から、プログラムに関係すると本人が判断する科目を自主的に選定する。※5    
レポート 地域・流域共生センターの環境調査に参加して、レポートを提出する。    

修了要件:20単位(コア科目1+2+3+自由選択科目)+レポート

※1 過去に取得した、「フィールドで学ぶ山村社会(通年4単位)」も認定対象です。
※2 「インターンシップ」は、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングなど岡上地域、鶴見川流域に関わる研修先に限ります。
※3 ボランティア活動は参加報告を地域・流域共生フォーラム会議が審査します。
代替認定条件の詳細は地域・流域共生フォーラムにお問い合わせください。
なお卒業要件等、本プログラム以外の単位としては認められません。
詳細は地域・流域共生センター(G棟3階307室)にお問い合わせください。
※4 地域・流域共生フォーラム主催の資格講習会には以下のものがあります。
・チェーンソー・刈払機安全講習会(7月頃)
・RAC(川に学ぶ体験活動)リーダー資格(8月下旬)
・プロジェクトWETエデュケーター資格(12月下旬)
・プロジェクトWILDエデュケーター資格(12月下旬)
※5 上の表にない科目については関係するという自分なりの理由書を提出してください。